Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. home
  2. > 当センターについて
  3. > はじめに(センター所長から)

はじめに(センター所長から)

同志社大学の2つのキャンパスは、京都市内中心部京都御苑北に今出川校地、そして美しい自然に囲まれた京田辺校地という、大変恵まれた環境にあります。ここで、職員の支援のもと、教員と学生が日々教育と研究に取り組んでいます。

理系の学部が集中する京田辺校地では、日進月歩する科学に貢献するために必要な技術と知識を習得する実験実習が行われています。そこでは、様々な化学物質(毒物・劇物を含む)、放射性物質、そして高圧ボンベ等が使用されており、これらに関する正しい理解に基づいた、適切な使用と処理の仕方がなされなければなりません。

環境保全・実験実習支援センターは、これらの安全管理を行うと共に、使用者への十分な指導を行い、教育・研究活動が安全に行われ、かつ周囲環境の保全を徹底すべく尽力しております。遺伝子組み換え動物を飼育する動物実験施設や、放射性物質を保管するRI実験施設が設置されている特殊実験棟の安全管理はとくに厳格に行っています。

省エネと温室効果ガス抑制に関しては、全学の取り組みが必要です。より効果の高い施策を提示して実行して参りますので、よろしくご協力お願い申し上げます。環境保全は、一人ひとりの意識の高さと実行力によって成り立つものです。同志社大学では、学生と大学が共に環境問題を世界的視野で捉えて、その問題解決に向けた活動を行い、その成果を社会に還元することを理念とした「同志社エコプロジェクト(DEP)」、「世界学生環境ネットワーク(WSEN)」を展開しており、環境保全・実験実習支援センターはこれに対する支援を行っています。

教職員、学生や企業・団体、地域住民など関係のみなさまにおかれましては、本センターの趣旨、目的をご理解いただき、その活動に対しましてご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

環境保全・実験実習支援センター所長
野口 範子

▲ページの先頭へ戻る