Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. home
  2. > 化学物質 取扱い
  3. > 化学物質の取扱い

化学物質の取扱い

化学薬品を取扱う際の一般的注意

薬品の使用に先立って

まず、その薬品に関する予備知識が十分かどうか、もう一度思い返してみてください。特に、次の項目についての認識が必要ですので、使用する薬品の性質を記録し、かつ記録しておかなくてはなりません。

  • 沸点
  • 引火性
  • 酸化性
  • 酸・アルカリ性
  • 爆発性
  • 生理的毒性:急性・慢性毒性、致死性、血液毒性、神経毒性、発ガン性等を指す
  • 公害源としての可能性

予備知識が不足すると思った場合は、「教育研究における 防災安全の手引」、「製品安全データシート「SDS(Safety Data Sheet)」」、「メルクインデックス」、生理的毒性や公害性については「公害と毒・危険物」が参考となるでしょう。※製品安全データシート「SDS」は、薬品を購入した業者から直接、あるいは、日本試薬協会( http://www.j-shiyaku.or.jp/Sds )などからインターネットを通して手に入れることができます。それでも疑問点が残る場合は、専門家に問い合わせるなどして、疑問をできるだけ解消しておかなければなりません。できれば、その薬品の生体内における作用機構や、化学構造(例えばニトロ基、アミノ基、アルキル基を有するもの)とその生理活性との関連や公害源としての環境循環や生体蓄積について、関心を持つよう心がけることが重要です。

※「SDS」は、国内では平成23年度までは一般的に「MSDS (Material Safety Data Sheet(化学物質等安全データシート)」と呼ばれていましたが、国際整合の観点から、GHSで定義されている「SDS(製品安全データシート)」に変更されました。

薬品を使用する時

予備知識に基づいた慎重な取扱いが必要であることは当然です。取扱い中は全神経をその薬品に集中すべきであって、雑談をしたり、他の考え事をしたりすることは絶対にあってはなりません。そして常に危険と対面しているという自覚が要求されます。

薬品の使用を終える時

実験者としての常識や倫理に忠実であったかどうかの反省が求められます。後始末と整頓等は言うまでもありませんが、同時に、使用した薬品の量を正確に記録し、実験室における薬品の管理にも協力するよう心がけてください。近年、大学内で毒劇物を用いた事件が連鎖的に発生し、社会に大きな不安を与えています。薬品類の使用・保管に対しては徹底的な管理が必要です。使用した薬品を廃棄する時は「実験系廃棄物・排水・廃液処理」のページに記されている事項に従ってください。

以下、「同志社大学 教職員のページ」[本学教職員のみ]よりダウンロードが可能です。(※以外)
(教職員のページ→お知らせ 環境保全・実験実習支援センターへ)

■ 規程・申合せ(環境保全・実験実習支援センター関連規定集をご覧ください。)

〔化学物質・危険物管理〕 同志社大学危険物・特定化学物質管理運営委員会内規
同志社大学化学物質管理規程
同志社大学化学物質管理規程実施要領

▲ページの先頭へ戻る