Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ

同志社エコプロジェクト(DEP)は、同志社大学が学生と共同して環境問題に取り組む学生組織として設立しました

同志社エコプロジェクト(DEP)について

理念

同志社大学において、学生・大学が共に環境問題を世界的視野で捉え、その問題解決に向けた活動を実践していく。
そして、その成果を社会に対して還元していく。

方針

「エネルギー」「廃棄物」「自然環境」の3分野に主軸を置き、各分野の環境問題解決に向けて大学の特性を生かした多面的・継続的アプローチを行っていく。

概要

同志社エコプロジェクト(DEP)は、『同志社大学省エネルギー推進委員会』の下に、環境活動を行う大学組織として、2007年に設立されました。

『環境保全・実験実習支援センター』によるサポートを受け、同志社大学の学生の環境意識を高めることを目標に、大学内の省エネ対策、ゴミの分別回収やリサイクルを促進する活動を行っています。私たちひとりひとりが毎日の生活の中でできることからはじめ、将来的には他大学の学生環境団体や地域との連携も視野に、大学を巻き込んだ活動の実践を目指しています。

あすみちゃん

あすみちゃんは、DEPのイメージキャラクターです。「あすみ」という名前には「明日美」「明日見」「Earth美」など、DEPの活動方針を大きく、また広義に表しています。

このページの先頭へ