Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. home
  2. > 実験環境における防災安全について

実験環境における防災安全について

緊急時の処置・防災マニュアル

大学の実験環境において、教育・研究を円滑かつ効果的に行う上で、多種多様の機器・薬品類の使用は不可避であります。また、これら機器・薬品類の危険性を熟知し、しかも適切な管理下で使用しなければなりません。加えて、火災、地震、その他予期せぬ突発事故の発生を想定し、緊急時の対策を講じておく必要もあります。以下、緊急時の基本的な行動指針をまとめております。

  • 火災発生時
  • 震災発生時
  • ケガ・救急
  • 火災・防災 対応マニュアル

火災発生時

通報

担当教職員、研究室責任者へ(部署ごとに、連絡先、電話などを決め周知しておく)

(1) 午前9時~午後5時
  • 京田辺校地施設課へ(内線電話 7030、もしくは緊急専用内線電話 7777)
  • 所属学部・研究科事務室へ
(2) 午後5時~翌朝9時、土・日、祝日、創立記念日、キリスト降誕日、夏冬期休暇中の一定期間

<京田辺キャンパス>

  • 南門門衛所(警備員室)へ(内線電話 8343)
  • 南門門衛所より消防署へ連絡
    (火災報知器→南門門衛所へ)

<学研都市キャンパス>

  • 快風館中央管理室(内線電話 6043)
  • 快風館中央管理室より消防署へ連絡

初期消火

(1) 電源遮断
各実験室分電盤内の主開閉器を開く、ガス元栓を閉じる
(2) 備え付け消火器を用いる(置き場所の明示)
炭酸ガス消火器
:有機溶剤の引火や電気による火災の初期に有効で、消火後の被害も少ない
粉末消火器
:小火災から大火災に用いる
泡消火器
:火災が広がった時に用いる
研究・実験室では、炭酸ガス消火器が取り扱いやすく有効である
(3) 消火栓を用いる
(4) 火災発見時および消化不能の場合、火災報知器の発信機押しボタンを押す(火災断定となる)。

避難経路

状況によって手に負えないと判断された場合、速やかに屋外へ退去する。避難経路(予め確認しておく)および館内放送等の指示による。逃げ遅れた者がいないか確認する。また避難時には、エレベータを使用しないこと。

報辰館(HS)
:避難階段(各階西側)
有徳館(YE)
:避難階段(各階西側)
有徳館(YM)
:避難階段(各階東側)
至心館(SC)
:避難階段(各階東、西側)
香知館(KC)
:避難はしご(2、3階西側)
光喜館(KK)
:避難階段(各階西側)
恵喜館(KE)
:避難階段(各階西側)
 救助袋(3、4階)
医心館(IN)南棟
:避難階段(各階西側)
医心館(IN)北棟
:避難階段(各階中央南、西側)
 救助袋(4階東側及び3、5階東側共同実験室内)
訪知館(HC)
:避難階段(各階東側)
 救助袋(3階南西側ベランダ、4階大学院共同研究室内)

※防災シャッターは自動的に閉鎖する

緊急避難経路、救急設備設置場所はこちら

震災発生時

出火防止
:火気使用設備・器具の使用停止および確認
火災発生時
:火災発生時の対処法に準じる
パニック防止
:館内放送、携帯用拡声器を活用し冷静に対処する
避難誘導
  • :学内運動場など広域避難所へ誘導する(エレベーターは使用しない)
  •  避難時は落下物や火災などに注意し、頭や足などの防護に努める
情報収集
  • :被害状況および負傷者の把握に努める
  •  防災関係機関からの情報収集

ケガ・救急

通報
:担当教職員、研究室責任者へ
救急処置
  • :保健センター(内線電話 7390)へ連絡
  • 夜間または時間外の場合、京田辺キャンパスでは「南門門衛所(警備員室)(内線電話 8343)」、学研都市キャンパスでは「快風館中央管理室(内線電話 6043)」に電話し、必要な場合は救急車を要請する
  • ケガ、病状を伝え、医師、看護師の指示に従う

    裂傷、切傷 → 止血
    火傷 → 冷水で冷やす(30分)
    薬品中毒 → 吐かせる、換気
AED

:京田辺キャンパス19ヶ所、学研都市キャンパス1ヶ所、多々羅キャンパス2ヶ所(AED設置場所を参照すること)に設置されている

京田辺校地保健センター
 9:00~17:00(土曜は12:00まで)(内線電話 7390)
京田辺キャンパス近くの救急病院
田辺中央病院
 電話 0774-63-1111 近鉄・新田辺駅より北西へ3分
京都きづ川病院
 電話 0774-54-1111 京田辺キャンパスより北東へ車で25分、近鉄・大久保駅よりバス5分
宇治徳洲会病院
 電話 0774-20-1111 近鉄・小倉駅より北東へ車で6分、徒歩20分、京田辺キャンパスより車で約30分
 ※2015年5月31日より移転

火災・防災対応マニュアル

火災・防災対応マニュアル

▲ページの先頭へ戻る