Doshisha University
  • 同志社大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス・キャンパスマップ
  1. home
  2. > 高圧ガス 取扱い
  3. > 高圧ガスの取扱い

高圧ガスの取扱い

本学は研究、実験用の高圧ガスボンベを数多く使用しています。

近年、大学においても実験中の高圧ガスボンベ爆発事故が発生しており、京都府からガスボンベの安全管理体制の確立と取扱いルールの徹底が要請されています。

環境保全・実験実習支援センターでは、高圧ガス管理規程をはじめ、安全管理マニュアルとガイドラインを制定しました。これに基づき、安全講習会等を開催し、実験時の安全な取扱い方法の周知を図っています。

また、薬品管理システムを用いた高圧ガスボンベの入庫、出庫登録を進めるなど全学的な安全管理体制の整備に努めています。

以下、「同志社大学 教職員のページ」[本学教職員のみ]よりダウンロードが可能です。(※以外)
(教職員のページ→お知らせ 環境保全・実験実習支援センターへ)

■ 申請書

〔薬品管理システムCRIS〕 薬品管理システムID登録申請書[新規・変更]

■ 関連資料

〔高圧ガス〕 同志社大学一般高圧ガスの消費及びマニフォールド設置・管理に関するガイドライン
同志社大学高圧ガス安全管理マニュアル
同志社大学理工学部 高圧ガスー安全の手引きー※

■ マニュアル(環境保全・実験実習支援センター事務室までお問合せください。)

〔薬品管理システムCRIS〕 薬品管理システム『CRIS』操作マニュアル※

■ 規程・申合せ(環境保全・実験実習支援センター関連規定集をご覧ください。)

〔高圧ガス〕 同志社大学一般高圧ガス安全管理規程
  • 化学物質 取扱い
  • 高圧ガス 取扱い

    • 高圧ガスの取扱い
  • 廃棄物・廃液処理
  • 特殊実験棟

    • 動物実験施設
    • RI実験施設
  • 薬品管理システム(CRIS)

ログイン(学内のみ)

講習会・説明会

  • 内容詳細
  • スケジュール

▲ページの先頭へ戻る